Large 20171127150519 1 1 %e6%ad%b4%e3%81%be%e3%81%a1%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e5%86%99%e7%9c%9f %e5%b2%90%e9%98%9c%e5%b8%82

日本初!中部12都市限定!歴史の舞台をコンプリート!?「歴まちカード」発行!~公共配布カードのニューフェイスのなぞに迫る?

ダムカード、灯台カードなどの公共配布カードの魅力を伝えてきたわれわれ編集部。ニューフェイス「歴まちカード」が発行されたときいて謎に迫りました!

20171127145806 1 2 67f26379f4c1a594b2442ba57b26aa28 s

公共配布カードのニューフェイス「歴まちカード」が誕生!

こんにちは。のびとく編集部の企画担当、おば代表こと、ゆきこです。


ダムカードやマンホールカードなど公共配布カードについて伝えてまいりましたのびとく編集部ですが、更に新たな分野、歴史的文化資産にもカード、つまり『歴まちカード』が配布される、既に配布が始まっている??という聞きずてならない情報を耳にしました!

20171127150710 1 2 rekimati

「歴まち」とは???


編集部「のびとく公認ダム案内人こと、日本ダム協会認定ダムマイスターの神馬シンさん!!「れきまち」って知ってますか?ダムとか、灯台の種類に「れきまち」というのができたんですかね…」
神馬さん「突然、どうしたんですか?朝から元気ですね。「れきまち」、そんなわけはないでしょう…ダム便覧には載っていませんし」
編集部「だって、「れきまちカード」ができたってニュースで見たんです!」
神馬さん「カード!それを先に言わなくちゃだめですよ!それは、地域固有の歴史的風致(ふうち)を後世に継承していくため、市町が取り組んでいる魅力的なまちづくりの「歴まち」です!もちろん知ってますよ!しかも、歴まちカードが発行されているのは中部地域の12都市だけというのもマニアにはたまりませんね…」
編集部「さすがですね。しかし、ふうち??」
神馬さん「風に致るとかいて、「風致」です。歴史的な建造物だけでなく、その地域の歴史・伝統を反映した人々の活動のことです。お城や歴史的建造物などの歴史的なところには趣や味わいがあるでしょう?「歴まちカード」では、歴史的まちづくりに関連する建物や文化など、その都市の魅力をカードで紹介しているんです。

編集部「よくわかりました!それで「歴まちカード」は、「ダムカード」のお仲間なんですね!」
神馬さん「「ダムカード」とは違いますが、公共配布カードに新たに仲間入りしたカードですね」

20171128195258 1 3 %e6%ad%b4%e3%81%be%e3%81%a1%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e9%83%a1%e4%b8%8a%e5%b8%82%e8%a1%a8%e9%9d%a2

「歴まちカード」の写真とは!?

編集部「そういえば私の友人が先日郡上市に行ったときに、『歴まちカード』をもらったそうで、取材をするからといって借りてきました。ちらっ
神馬さん「いつものパターンと逆ですね・・・ほしかったです

こ、これは!!昭和11年建築の国の登録有形文化財建造物である旧八幡町役場の前で行われる重要無形民俗文化財に指定されている郡上踊発祥祭の様子!なんと、国の登録有形文化財建造物と国の重要無形民俗文化財の融合、マリアージュ!!マニアには実にうれしいレアすぎる光景!しかも、ライトアップまでして、綺麗過ぎる…(涙)」
##ふだんは冷静ですが、目を潤ませ、うっとりして心ここにあらずな神馬さん…

20171128195336 1 4 %e6%ad%b4%e3%81%be%e3%81%a1%e8%a3%8f%e9%9d%a2

裏面にも、「歴まちカード」ならではの秘密が!?

編集部「…神馬さん、戻ってきてください!しかし、裏面には歴まちスポットとして近くの他のスポットが載っていたり、歴史まちづくり情報のQRコードが書かれていてわかりやすいですね。」
神馬さん「そう!それと、忘れてはいけないのが、歴まちカードの写真はそれぞれの地域の魅力を伝えるため、各都市に数多くある歴史的資産の中から象徴的な風景を選定するなど、かなり検討を重ねたそうです。
編集部「郡上市も、構図とともにすばらしい写真ですね!」

20171127152915 1 5 large 20171120190713 top 2013 04 10 10.22.22

『歴まちカード』、どこにいけば、手に入るの??


編集部「「歴まちカード」はどこにいけば手に入るんですか?」

神馬さん「何度このコーナーをやっているんですか!?
ダムカード、灯台カード、歴まちカードを含めた公共配布カードは、「その場に行って無料でもらえる」のが大大大原則ですよ!!」
編集部「…そ、そうでしたね」

神馬さん「「歴まちカード」は、中部4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の歴まち認定12都市(岐阜県高山市、三重県亀山市、愛知県犬山市、岐阜県恵那市、岐阜県美濃市、三重県明和町、岐阜県岐阜市、岐阜県郡上市、愛知県名古屋市、三重県伊賀市、愛知県岡崎市、静岡県三島市)の指定配布場所でもらえます。配布場所は こちらですよ。なお、上記写真は美濃市の配布場所、美濃市観光案内所「番屋」さんです。」

編集部「趣のある建物ですね。4県の12市町って、コンプリートするのは大変そうですが、燃えますね!配布日は決まっていますか?」

神馬さん「いえ、配布場所に営業時間内に行けばもらえます。各都市15,000枚発行とのことですが、まだ枚数には余裕があるところが多いので、安心してください。なお、Facebookの「日本まんなか歴まち協議会」でも歴史まちづくりの最新情報を発信しているそうですよ」

編集部「まだ、間に合うということで安心しました!Facebookでも歴史まちづくりの最新情報が発信されているならチェックしますね。」

配布場所の詳細情報については、以下に紐付けていますが、随時追加してまいります。
この記事の発行にあたり、中部地方整備局様、掲載市町様、掲載施設様に問い合わせし、ご協力をいただけました。次回以降、詳細についてお伝えするので、楽しみにしていてください!

ライター: Thumb yama dsc1935 tp v 編集部ゆ、きこ

掲載施設情報

こちらの記事もどうぞ

Ico rocket

UP!