Large 20171226211904 101 %e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e7%ae%b1%e5%af%bf%e5%8f%b8img 1303

年末年始/新年におすすめ!フォトジェニック×子どもも楽しい?!×地域 尾張、三河の郷土料理「箱寿司(はこずし)」のびとクッキング第1回~続編『現代風にアレンジしたレシピ(アレンジ版))』

「のびとクッキング」!第1回「箱寿司(はこずし)」の「クラシック版」に続く続編は、『現代風にアレンジしたレシピ(アレンジ版))』です。

20171226211957 101 %e7%ae%b1%e5%af%bf%e5%8f%b8%e3%82%82%e3%82%8a%e3%81%a4%e3%81%91%e6%a8%aa mg 1374

『箱寿司 アレンジ編』にチャレンジ!

こんにちは。のびとくライター、エセレブ料理人けいこ です。

続編では、前編の「箱寿司 クラシック版」に続き、料理研究家・フードコーディネーターの小林美香先生「箱がなくてもOK!見た目も可愛いアレンジ版」の作り方をご紹介します。アレンジを利かせて、あなたの家のひとつしかない「オリジナル箱寿司」を作ってくださいね。

20171226212344 102 4a608cbd054eb9c8fc0e20dbc664697d s

『フォトジェニックなアレンジ版箱寿司』 Step1 準備編

<材料>(4人分)
 米     1合
 寿司酢   30cc
 アミエビ  大さじ2
 青のり   大さじ1
 にんじん  1/2本
  寿司酢  大さじ1
  水    大さじ1
 ももかぶ  1/2 個(かぶでも代用可)
寿司酢  大さじ1
  水    大さじ1
 卵     1個
 塩     少々
 絹さや   6枚

20171227223603 2 3 %e6%9d%90%e6%96%99%e5%bf%9c%e7%94%a8 25990849 1782733941758242 1275449136 n

『アレンジ版』 Step1 準備編 具材のアレンジ

『アレンジ版』ですので、先ほどあげた具材以外でもアレンジができます。
※クラシック版でもできますよ。ぜひご参考にしてくださいね。

・伝統食材×地域食材といえば、もろこ(諸子)、角麩
・そあさり、しじみ、じゃこなどの佃煮、かまぼこもおすすめ
・ビジュアル、子供受けを考えると、錦糸卵の黄色でんぶのピンクは外せないかな。
絹さややいんげん、ほうれん草、胡瓜など緑のものを加えると断然おいしそうに見えます。
長時間押すので、魚介など生々しいものは避けた方がいいかもしれません。そのときはしっかり酢で〆るか、火を通したものがいいですね。
・カニカマ、チーズなんかも意外に合いますよ~。

20171227223932 2 4 b9b45d5c77c900bd9b63f1fcbd109f83 s

『アレンジ版』 Step2 下ごしらえ編

1:炊飯器に米、分量の水を入れ普通に炊き、寿司酢を入れて混ぜます。
2:出来上がったすし飯を2等分し、それぞれにアミエビ、青のりを混ぜ 2種類の彩り酢飯をつくります。
3:にんじん、ももかぶは、花型で抜き、柔らかくなるまでゆで甘酢につけます。

4:絹さやはさっと塩ゆで、斜め半分に切ります。

20171227224117 2 5 %e3%81%8a%e3%81%9925990816 1782733875091582 1830408036 n

『アレンジ版』 Step3 つくる編

箱・箱状の容器にラップを敷き、彩り酢飯を層になるように敷きつめます。

詳しくは(クラシック編と共通) ★のびとクッキング動画:「002 ラップを敷く」
★のびとクッキング動画「004 箱に酢飯をつめる」をご覧ください。

Step2で下ごしらえした具材を彩りよく並べて桜でんぶをのせて、数時間から~一晩押し固めます。

20171227224443 2 6 %e7%ae%b1%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%a0%e3%81%99%e7%b8%a6  mg 1333

『アレンジ版』 Step4 取り出して切る編

箱から出して、食べやすい大きさに切ります。これにて『アレンジ編完成』です!

詳しくは、(クラシック編と共通)で箱から出した例ですが、 ★のびとクッキング動画「006 箱抜きをして切り分ける」をご覧ください。

※今までご紹介した「のびとクッキング動画」の全編をご覧になりたい場合、こちらの★「Youtube のびとクッキング動画チャンネル」eをご覧ください。

20171227224733 2 7 929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a s

のびとくポイント:彩りの良さは栄養バランス!!食材の「彩のよさ」をお子さまと楽しみましょう

 「カラフルにいろんな色を使う」ということは、それだけいろいろな食材を用意するということ。ご飯の白、たんぱく質の茶色、緑、黄色、赤、は野菜や卵から。この5色をそろえると絶対美味しく見えます。子供のうちから「きれいな色はきれいな栄養バランス。まんべんなくいろんなものを食べましょう」ということに慣れ親しむのにぴったりです。

緑の食べ物って何かな~? 赤い食べ物って何かな~? 茶色ばっかりだとあんまり可愛くないよ~」っていいながらお子さんと一緒に具材を並べてみてはいかがでしょうか?
全部手作りしなくても、市販のものや、常備菜を使いまわして、あなたの家のひとつしかない「オリジナル箱寿司」に挑戦してみてください。

ライター: Thumb 20171225103645 25674110 1780685395296430 59704280 n のびとクッキング担当グルメライター けいこ

掲載施設情報

こちらの記事もどうぞ

Ico rocket

UP!