Large 20180202155338 top photofunia 1517554370

N-1グランプリに夫婦で挑戦!世界初“リアル世界をマーキング!かけはしメモリー”で、スマホにじぶんだけの百貨店を!

おでかけ先にある「好きだな」と思うもの・場所などをスマホに!リアル世界のブックマーク「かけはし」について今川夫妻にインタビューしました。

20180126202456 01 imagawa

2/15「N-1グランプリ」出場!あの日、あの時、あのときめきをスマホに即記録。リアル世界のブックマーク、「かけはし」を構想し・立ち上げた今川夫妻にインタビューしました

こんにちは。のびとく編集部おば代表"ゆ、きこ"です。

のびとくは、ママやパパだけではなく、おじいちゃまおばあちゃま、おじさま、おばさまや広い大人たちと子どもとの楽しい時間を提供するお手伝いがしたいと考えています。
また、のびとく編集部の一部のある「スーパーアプリ」はゲームの会社です。ゲームでは違うゲームともつながり、共同でキャンペーンをする「コラボ」ということがよく行われています。

あの日、あの時、あのときめきをスマホに即記録する、「リアル世界のブックマーク」という新しいサービスを夫婦で生み出した株式会社かけはしの今川崇司・理恵ご夫妻にインタビューをしました。
ITを使って、旅行やおでかけを楽しくするサービスですので、とても勉強になりました。
2018/2/15にチャレンジするビジネスコンテスト「N-1グランプリ」のエントリーへの思いも伺いました。

20180202160732 2 %e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0n

Q:『マチナカのお気に入りをあつめてつくるじぶんだけの百貨店』という「リアル世界をマーキング!かけはしメモリー」はどういうきっかけで生まれたのですか?

崇司さん「最初のきっかけは単純にセミナーです。たまたま、NFC(Near Field Communication)というICチップを使い、数センチ程度の短い通信技術のセミナーに参加したときに、「これをブックマークのマーカーに使えば、ネットとリアル世界を効果的につなげられるんじゃないか」と思ってまず特許出願したんです。」

-い、いきなり特許を出願ですか!!
「ただ、この仕組みを考えた当初は具体的にどんな価値を生み出せるのか明確ではありませんでした。ですが、考えていくうちに、これを使えば割と面白いことが出来るんじゃないかと思うようになってきたんです。

例えば、旅の行く先々で気に入ったものをお気に入りに登録しておいて、帰りの電車や飛行機の中で落ち着いてお土産を選ぶことができたらとっても便利じゃないですか?お土産って最終日に買いますよね。ですが、旅の途中で出会ったものその場でを覚えておいて、後からいつでも思い出せるときに買えるとしたら、お土産の見方も変わりますし、もう少し旅も面白くなると思うんですよ!」

-実現できたら確かに便利ですね。私、よくあるんですけど、「お土産にはこれを買いたい」と思ったけど、お土産をいざ買うときに忘れたり、おみやげ物屋さんになかったってことがなくなりますね!」
理恵さん世界中の現実世界にあるものが、みんなスマホにお気に入り登録できるようになって、『じぶんが好きだ!』と感じたものだけを全部クリッピングしておく。そしてお土産や友人・家族の特別な日なんかに、その中から選んで買ったりできたら、その時の思い出も蘇ったりして幸せですよね。
なので、『かけはしメモリー』では、お気に入り登録のことを「マーキング」といっています。じぶんが歩いた世界で気に入ったものに“しるし”をつけていくイメージです。ちなみにメインキャラクターの犬の名前は “マーキン”君です(笑)」

-ま、マーキン君!!写真の左上にいる犬ですね。まさにそのまま、ですね(笑)!

20180202141311 3 qr%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89

Q:「かけはしメモリー」ってどんなサービスなんですか?動画もあるって本当ですか?

崇司さん「さきほど、「気になったものにマーキングをしていくものだ」と言いましたが、その際に記録用QRコードである『かけはしメモリー』を使います。NFC(ICチップを使った近距離通信)でもできるのですが、QRコードの方が圧倒的に皆さんに知られているので、まずはそちらから作りました。 スマホでQRコードを読みとると、商品などのURLと紐づけて次々と記録されていきます。つまり「ブックマーク」です。たとえば商品だと紐づくURLはECサイトのショッピングカートです。記録したもの(ブックマーク)は日別のカレンダー検索なんかで簡単に探せるようになっています。」

-「かけはしメモリー」をはじめるに当たって、必要なものはありますか?
スマホがあればできます。しかもアプリではないので、専用のアプリのダウンロードは要りません。お使いの普通のQRコードリーダーがあればそのままできます。
詳しくはこちらの株式会社かけはしのウェブページを見てください。「使い方の動画」もありますよ」

理恵さん「私たちのオフィスは岐阜市大垣市のソフトピアにあるのですが、岐阜の観光関係の方やお酒屋さんやいろいろな方にヒアリングをしました。「わかりにくい」という声にこたえて、「マンガチラシ」も作ってみました!」

20180202145553 4 shoppingandmarking

旅行先で「いいな」と思って、ショップカードや写メをとっても結局なくしちゃう・・・スマホなら身近にあるから、「好きだな」と思ったものを必要なときのためにとっておける、「かけはし」はじぶんの足であつめた百貨店のような場所になれるのでは?と思ったんです

理恵さん「ネットから色々なものを探したりするじゃないですか?他の方の口コミや星の数は参考にはなるけど、実際に届いたり、使うまでそれが本当にじぶんの思ったとおりなのかという不安もあって、人の評価だけを信じていいのかなという気持ちになることもあって・・・

じぶんが旅行先やおでかけ先で「いいな」とおもってショップカードをもらったり、写メをとるのに、後で必要になったときにどこにあるか結局なくしちゃう・・・忘れちゃうことってあるんじゃないですか・・・一方、スマホっていつでも持っていますよね。

私たちのつくった「かけはしメモリー」が旅行先やおでかけ先などでじぶんが「好きだな」と思ったものを、いつか必要になるときのために大切にしまっておいて、必要なときはすぐアクセスできる、「じぶんの足であつめた百貨店」のような場所とになるんじゃないかと思っているんです。」

-わかってきたような気がします!

20180202150918 5 n1%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa

Q:2/15にビジネスコンテスト「N-1グランプリ」にでるとききました!

崇司さん「そうなんです!私たちは、「かけはしメモリー」というこの新しいサービスを多くの方に、特に新しい感覚を持った方やビジネスセンスを持った方、実際にこのサービスを必要としている方に伝えることが大事と思っています。現在は、ソフトピア(岐阜県大垣市)の補助金を申請・採択され、研究開発をしています。もっとみんなに知ってもらうためにいろいろなビジネスコンテストに出て、サービスを広めています。先日もとあるビジネスコンテストでトーマツさんから賞をいただくことができました!」
-おめでとうございます。すごいですね!

理恵さん「出場にあたり動画が必要とわかって、夫が話しているのを私がスマホで撮影しました。上の写真にも載せてありますが、こちらの動画です。子どももわからないながら応援しています」

20180205150905 6  %e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%af%e3%81%97%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8 0205n

「新しいサービスはなかなかわかってもらえないけど、そこにしかない、地域に根付くものには魅力を感じているはず。趣旨に賛同してくれる方といろいろ話を進めているんです!」

-「のびとく」も経済産業省の新連携補助事業として開発してきましたので、苦労は少しだけわかります。実際に開発と事業化を進めてみて、いかがですか?

理恵さん「新しいサービスなので、説明してもわかってもらえないことが多いです。でも、わかろうとしてくれる方や賛同して一緒に広めてくれる方に出会うと本当にうれしいです!
-嬉しいですよね。すごいわかります!!

崇司さん「おかげさまで「かけはし」の趣旨に賛同してくれるコンサルタントの方や雑誌を編集されている方などとつながりができ、日々、サービスを広めるための話をしています。

色々なものが簡単にコピーできる今、「そこにしかないものやそこで感じることに意味があるもの」にこそ価値があると思っています。地のモノをその地で食べるときって、同じものを自宅で食べるときより、なぜか美味しいと感じるじゃないですか。そんな旅の思い出と一緒にじぶんの好きなものの足跡(ブックマーク)として残しておけたらいいですよね。
今は温泉や日本酒といったその地域ならではのものを提供されている方々と一緒になり、旅の思い出とともに楽しめる世界をつくりたいと模索しています。写真はその一例で検討中の「かけはしカード」のイメージです。これが複数のお店や施設、商品などでショップカードとしておいてもらえるともっと知りたい場合はかけはしを見てもらったり、かけはしから定期的にかけはしから情報もとどき、ユーザーの方に喜んでいただけるのではないかと考えています。」
-カードいいですね!!つい、集めたくなりますね。
「はい。スマホの中の百貨店(ブックマーク)ですが、お話をする中でおでかけ先などの現実の世界からネットに行くためには紙の力って大きいし、形が見えることで私たちも励みになっています。われわれもますますしっかり開発を進めて、知って頂きたいと思っています。」
-のびとくもO2O(オンライン・トゥ・オフライン)とゲーミフィケーション(ゲーム以外のものにゲーム要素を入れていくこと)ですので、近いものを感じています!!また、のびとくの中でも「公共配布カード特集シリーズ」も好評で、お子さまとのおでかけにも「その場所しかなくて、いかないともらえないカード」は魅力だと感じています。実現したら、ぜひ取材をさせてください。のびとく編集部内で話した上ですがその前にのびとく掲載施設さまの希望者にお声がけして、コラボしてもいいですね。楽しみにしています!」

20180206103841 7 qrsample5%e7%a8%ae%e9%a1%9e

Q:「かけはし」を使うには、どうしたらいいですか?

崇司さん「一般のユーザー(ユーザー)の方と、お店や施設、イベントをされる方(サービスを提供している方)では少し違います。
ユーザーの方はスマホのQRリーダーで読み取りをすればすぐ記録できます。お店や施設などの方(サービスを提供している方)は無料登録が必要です。実際やってみましょうか。」

―えーとー…スマホでQRを読み取るだけで…あっ!こんなふうに商品が記録されるんだ。簡単ですね。お店や施設の方はどうするのですか?
崇司さん「(サービスを提供している方)お店や施設の方はメールアドレスさえあれば、「かけはしメモリー」をつくれます。さらに、ショッピングカートなど紐付けたいURLを記録するメモリーも簡単につくれます。カラー展開は黒・赤・緑・青・紫の5種類あって、中にいる「かけはしくん」の形もいろいろあるんです。」

―お店や施設のテーマカラーに合わせて展開できて、すごいですね!かけはしくんの格好も突っ込みどころ、といいますが、愛嬌ありますね(笑)。さて、料金・費用はどれくらいかかるのですか?
崇司さん「QR(かけはしメモリー)を読みとって記録する「ユーザーさん」は「無料」です。お店や施設は、今は補助金をいただいている期間なので「無料」ですが、2018年4月からは利用の度合いに応じて利用料を頂戴する予定です。
―ありがたいですね!写真のQRコードは、サンプルになりますので、よろしければ実際の「かけはし」でぜひ!

20180206102927 8 n 1%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa

最後に「N-1グランプリ」への抱負をお願いします!応援の仕方も教えてください

崇司さん「もちろん出るからには賞を取りに行きたいですが、それ以上に私たちが何をやりたいのかを広く知っていただきたいと思っています。だから難しい話は抜きで、できるだけ多くの人に届くようなプレゼンにしたいと思っています。日本ってやっぱりモノづくりの国ですので、いいものを作っている人はたくさんいるんですよ。そういう人に使って頂けたらと思っています。」

理恵さん「今って、調べものはだいたいネットですよね。なので、提供する側はネットを駆使してPRしないと絶対ダメだよー、という風潮があるように思っています。もちろんそれも正しいのですが、多少幻想もあるんじゃないかなと・・・「百聞は一見にしかず」といいますが、実際の出会いに勝る感動はないと思います。感動する人と、感動を提供しているひとを縁結びするお手伝いをして、その時の思い出と一緒にまた思い出すきっかけをつくる。そんなふうにお年寄りからのお子さままで、おでかけも旅行もあらゆるところでマチに愛を増やしていきたいです。

―ありがとうございました。「お年寄りからのお子さままでマチに愛を」というのは素敵な発想ですね!おでかけで、ネットとリアルをつなぐというのには「のびとく」にも近い発想があり、お互いできたばかりのサービスですので、連携していけると嬉しいです。
-N-1グランプリ、応援しています!大事なことですが、応援するにはどうしたらいいですか?
理恵さん「N-1グランプリのページでビジネスコンテストのページから、「プレゼンター紹介」のページにいってください。そこでプレゼンターの動画が並んでいますが、「かけはし」の動画に「いいね!」を押してください。

ライター: Thumb yama dsc1935 tp v 編集部ゆ、きこ

掲載施設情報

こちらの記事もどうぞ

Ico rocket

UP!